コロナ禍で音楽や歌を聴くのが増えて来たのですが

つい最近、、、

音楽表現家・歌手 秋山千鶴さんと御縁が繋がらせて頂いてYouTubeでの透き通るような歌声を聴いて魂の歌声❣️って言われてらっしゃるのが納得でした。

特にアヴェマリア カッチーニは鳥肌が立つ程、心に響きました。

秋山千鶴さんのプロフィールを拝見して少しシェアさせて頂きました。

 

 

音楽表現家・歌手 秋山千鶴CizuruAkiyama 感性育む     「五感育心」考案者、のべ15万に伝導。CD発売が月刊致知に掲載載。  いのちの鼓動ライブ「音舟」活動中

【秋山千鶴プロフィール】

福岡県朝倉市 いのちの鼓動ライブ『音舟ラルシュ』主宰

音楽道「笑顔塾」ピアノ・歌レッスン指導。感じる心育む「五感育心」考案。命が音楽の力で蘇る経験を持ち。「音楽は心を育む」の志から、日本の真心伝え25数年。

音楽表現家・ソプラノ歌手の秋山千鶴です。

音楽を通し教育と深く関わる活動を展開、人間の歴史文化伝える活動は全年齢対象。

6年前にCD「あいのしらべ」を制作し、この経緯が致知出版社発行、人間学を学ぶ月刊誌

「致知」に掲載(2015年3月)ここで、娘の命が歌で蘇った内容を一部掲載。

『娘が心拍停止で集中治療室へ。私に出来る事は、彼女の手を握りながら歌ってあげることだけでした。

小さい頃からよく歌い聞かせた童謡、唱歌から「アヴェマリア」まで、ただ無心で歌い祈り続け、病室を後にします。

病院から電話がかかってきたのは、その数時間後。「秋山さん、娘さんの心拍が戻りました!」

私は、この体験から音楽の力、歌の力を改めて実感したのです。』

その後、この経験が小冊子「五感育心誕生物語」発行(小惑星探査機はやぶさ帰還した日と重なる)

また、CD「あいのしらべ」(2014年12月発売)は全国から反響頂く。

 

いのちの鼓動ライブ「音舟ラルシュ」が始まれます。

その内容は音楽・文学が融合した歴史物語を、日本・世界の心に残る名曲で包む内容。

「過去・現在・未来の存在全てが繋がって、秋山さんに歌を歌わせている不思議な感じ」

「想像以上の素晴らしいプログラム、素晴らしい歌声。」

「魂の歌声、いつのまにか涙が頬を伝い・・・・・・終わった後、心が晴れ晴れ。」という声を頂く。

プロフィールを一部シェアさせて頂きました。

https://youtu.be/3BAvRHGD4o8