鬱のときは、鬱のままでいいのです。

それと闘ってはいけません。

無理に気分を変えようとしないで

そのままの自分を受け止めます。

決して自分を否定したり責めたりしないで

自分に優しく、自分を認めて、

あなた自身と向き合う為の時間だと思って

呼吸に意識して生きている事を実感したり

不眠症であったら少しだけでも眠れて良かった。

食欲がなくてもお水が飲めただけでも良かった。

小さな事でも自分の中にある不安を安心に

悲しみを喜びに感じるだけでいいのです。

今すぐに元気に元の自分にと焦ってしまえば

余計に自分にプレッシャーを与えて苦しみが増すだけです。

周りに家族に誰かに迷惑をかけるなどと悩まずに

その時間は、あなたの人生において

一休みする時間だと思えばいいのです。

 

f:id:miracle7angel:20190503150149j:image

コロナ禍で心が常に警戒心や感染からの防御などによる恐怖心や怖れの状態が続いています。

またマスク着用などによる熱中症や息苦しさによって過呼吸や目眩やパニックになってしまう人がかなり多くなっています。

更には季節の変わり目や気象の変動で1日に温度差もかなり違ったりと自律神経も乱れやすくなります。

それにより急に鬱ぽくなってしまったり体が思うように動いてくれずに気持ちが不安定になりやすくなります。

そんな時は、無理をしないで下さい。

きっと経済的なことも考えてしまうと悠長なことはいえないと焦って動いてしまうものですが

無理してでも頑張ったり我慢したりするのは、決して良いとは限りません。 

人生の一休みだと思ってみませんか。

ハートフル♥️セッション

https://sun-deurmo-kumi.info/%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9/