最近、野草ブームですよね。

氷川きよしさんの野草を使った料理を拝見してからは散歩中に雑草を見るのが楽しくなっています。

Facebookの野草教室友の会の記事がシェアされていて驚く雑草が、、、

なずな(ぺんぺん草)の効能です!

七草粥では食べた事はありますが飲むとは、、

でっ散歩中に持って帰って天日干しして煎じて飲んでみました。

生命力の探求

驚異の雑草が宝になる。

Facebookの野草教室友の会よりシェア

させて頂いております。

 

アブラナ科の一年草である。だがその猛烈な爆発的な増殖率は例がない。これだけで生命力があることがわかる。
日当たりのよい草地、荒地、休耕田、河川敷、庭先、路地あらゆる場所で群生を形成させる。
まさに農家泣かせの雑草として伐採、除草剤の対象であった。
だが薬効を知ればそれが黄金に変貌する。

ある講演会で農家の方が講演の後一度農地の草をみてくれないかと申し出た。
そこに案内されてところ3万坪の農地に麦が植えられていたがそのあぜや、耕作放棄地にはナズナが全面をおおっていた。
これはどうにかなりませんか? とにかくこれが農地に占領して草刈りが毎年大変なんです。
と50歳前後の男性が苦笑しながらいった。
持病に高血圧があり常に180であるという。

5年間降圧剤を飲んでいという。

ここは宝の山ですね、ナズナですよ、副作用のない天然の降圧剤ですよ。男性は日焼けした浅黒い顔を歪めて驚いたように唸った。
これがですか、この草にな毎年さんざん苦しめられておりましたよ。これが血圧にいいんですか? 早速今日から飲みますよ。
農夫は意外な顔でいった。

それから二週間後、その男性から電話があった。飲み初めて5日後に血圧測定すると上が140に下がったと感激しながら話した。

このような体験はざらである。中には降圧剤でも下がらない高血圧が三日で正常になったという話もある。この話も医学的に根拠があり中国の臨床ではかなり強力な血圧降下作用が確認された。血圧ばかりでなく肝臓機能改善、胃潰瘍、精神不安、不眠症にも一定の有効性が確認されている。
有効成分は止血作用のプシン酸神経伝達物質のアセチルコリンである。

飲用

1日、乾燥したナズナ15グラム、または30*グラムを限度にコップ5杯の水で煎じて1日3回飲む。

効用
肝臓病、胃潰瘍、精神不安、不眠症、止血

採集
春の開花時に地上部を刈り取り刻んで日干しする。
あるいはフライパンで煙が少しでるまで炒って土瓶に熱湯をいれて茶として飲む。三回はでる。

早速、なずなを採取して数日間、天日干しておいたのを煎じて飲んでみました。

色は緑茶ぽくて特に草の味はせず甘くて飲みやすかったです。飲み終えて少し苦味を感じました。

散歩中は、よもぎ・つくしんぼ・レンガの花・菜の花など見かけますが、どれもお浸しにしたり天ぷらにして食べたり出来ます😊

雑草と嫌われていたのが今や野草として

最注目されているのも不思議です。

これから食糧難に備えて(笑)

雑草なども宝物となりそうな予感もします。