はじまりは、、
 
🔶1月26日
明け方に見た夢
映像は、覚えていなくて😅
起きて言葉だけが頭に残っていて、
【ノアの箱船】と何度も言葉だけ思い出します。あとひつ言葉があった気がするのに思い出せず。。。
ノアの箱船って宇宙船と関係あるのかしら?と思っていました。
🔶1月29日 
日中に何度も、、、
【虹の光の評議会】と聞こえてくる。
🌈虹の光ってレインボーエンジェルの事かしら?この日にレインボーエンジェルの絵を購入したしました。
私の社名は、【ミラクル エンジェル】なのもあり、ふとっミラクルエンジェルを色でイメージしたら?って自答自問したらレインボーだわ😆✨
それと関係しているのかしら?
でも、それだけでなく
【テンプル騎士団】というメッセージも降りてくるのです。何???
不思議な事に2014年一時的に宇宙語が話せていたのですが2016年から宇宙語が話せなくてなっていたのが急に言葉が出て来たりしています。完璧ではありませんが(笑)
🔶2月1日 
レインボーエンジェルの絵が届くもエネルギーが弱く感じて浄化を行う。その時は、何気なく十字架も使って浄化を行いました。
🔶2月2日
その絵を再び太陽の光で半日以上、浄化を行いました。それで、かなりクリアになりました。
夕方の散歩で妖しい光が三人でずっと眺めるもUFOとしか思えないような光でした。iphoneで何度も撮影するも映らず、、、
その場所は、日中でもUFOと知らず
して撮影した時もありました。
※ユーチューブにもアップしてます。
夜は、ちょっとした偏頭痛と首や肩の痛みがあり早目に眠りました。
🔶2月5日 新月
虹の光の評議会って何だろ?とネットで探すも虹の光の同胞団はあるけれど、それとは違うように感じてネットで調べていると、、、
虹色は、7つの光だよね!
そして、この記事に繋がりました😆✨
【7つの光の評議会】

ジョージ・ヴァン・タッセル著

しかもノアの箱船(方舟)もう鳥肌が立ちました🤩

ノアの箱船は次元上昇期間の記録である

7つの光の評議会 第2章

(2100年ごとという)この周期は、宇宙惑星時間に基づいてアダム人種の人々が決定したものである。小周期は大周期の12分の1にあたるおよそ2100年である。大周期は約26000年で、歳差運動の完全サイクルである。これらの周期は時期によって、地軸の振動に応じてプラスまたはマイナスに変化する。大周期の最後の期間に、宇宙人たちは12人の教師を降臨させた。イエスとよばれる教師はその12番目にあたり、かつての大サイクルの最後の”神の子”であった。

今というときが以下に重要であるかを強調するが、今われわれは小周期の頂点にいるだけでなく、同時に9大周期の中心にも、同じくマスター周期の真只中にもいるのである。これが、宇宙人が”「父なる神」の惑星間大クリーニング”と呼ぶ惑星の力のバランス調整を引き起こす。しかしながら聖書ではこの時期を巨大地震の時期と呼んでいる。

ノアは「神」とともに歩んできた。それは彼が宇宙人の一人であり、”ノエのアーク(弧)”の時期に地球にやってきたからである。聖書では、ノアはノエと混同されている。ノアは男性であり、ノエは”ノエのアーク”だ。

この”ノエのアーク”が、地球に動物達を持ち込んだのである。宇宙人たちは多種多様な動物を地上にもたらし、それらの動物は第二密度の生育気温で生きることが出来た。
当然ながら”ノエのアーク”の時代には洪水があった。聖書の記述が正しいのは、すべての水分が(第一密度の期間)大空にあったということである。それは、第一密度の間、植物が密集していたからである。濃密な湿度が植物を夜に潤し、日中は霧となって育てた。
“ノエのアーク”時代に地球が極移動したとき、自転速度が変わり、新しい地球の気温は低下した。水分が凝縮し大気から降下すると、陸地に氾濫した。聖書の創世記第7章20節によると、水深は15キュビト(約27フィート)であったという。
つまり、聖書にある動物を運んだ箱舟は、人間と船に曲解され誤訳されたものだということである。聖書にでてくる箱舟は長さ300キュビト、幅50キュビト、高さ30キュビト(約525フィート×88フィート×53フィート)となっている。
あらゆる生物のツガイをこの大きさの範囲で檻に入れると想像してみよう。40日間、動物達に十分な食物を運んでやる必要があることも忘れてはならない。
さらに物語はずっと続いていく。翻訳者は正しくは”アーク”という別物のことを指している古代の記録を取り違えたのであろう。聖書の物語でノアの息子がともに箱舟に入ったという箇所で誤りが生じている。
動物達は第一密度と第二密度の間に”ノエの箱舟”に乗せられた。
その312,000年後、ハム、セム、ヤベテが地上に降り立ったのである。これは、第二と第三密度の間の”スペのアーク”の期間のことである。
ノアの”息子達”はそれぞれ個体ではなかった。ハム人種は黒人、シェム人種は白人、そしてヤベテ人種は黄色人種のことだった。
これら3つの肌の色の起源をもつ人々から、さまざまな種族が生まれ、宇宙人によって地球上に殖民された。その記録が、創世記第10章にある。
どの人種も純粋な肌の色をしていた。「宇宙の法則」では「どの種も同一の種であるように」とされている。地球上のあらゆる被造物において、すべての植物、樹木、動物そして自然界のすべてがこの「法則」にしたがっている。ただひとつ、人間だけを除いて。人間には、選択の権利が与えられた。人間は自分自身を高めるための知性を与えられた。今のところ人間はこの「法則」に背くことができる唯一の生物である。

http://starpeople.info/%e9%80%a3%e8%bc%89%e3%83%bb%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%a0/20110502/393

ジョージ・ヴァン・タッセル氏
UFOとコンタクトを取っていた人物でした。

1953年にエイリアンに会い宇宙船に招待されたと主張されていてエイリアンからタイムトラベルの方程式を教えられたそうです!

🌈失われた「アーク」はジンバブエに?

 旧約聖書に何度か出てくる「契約の箱(アーク)」は、ノアの箱舟と同じく、大切なものを運んでいた。

金で覆われた長さ1.2メートルほどの箱には、十戒の刻まれた石板が収められていたのだ。そしてこの箱は、驚異的な力を秘めていた。契約の箱を担いだ祭司たちが、イスラエルの民の先頭に立ってヨルダン川に足を踏み入れると、川の水がせき止められ、川を渡ることができた。また、エリコの街では、契約の箱の不思議な力によって城壁を崩すことができたという。そして最終的に、契約の箱はソロモン王が建てたエルサレムの第一神殿に到着し、厳重に保管されることになる。

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/web/18/021300004/021300001/?P=2

この記事では、ソロモン王❣️
昨年ぐらいからエルサレムに行きたくて仕方がないんです😆✨
4月開始のパラレル☆ビジョンアクセス・プログラムにも関連しているので全てが導きだと確信しています。
まだまだ情報が入ってきそうでワクドキっしています😊💕