結び目を解く聖母マリア

 

フランシスコ教皇が感動したドイツの聖母のご絵です
img_5375
1986年ホルヘ・マリオ・ベルゴリオ神父(現教皇フランシスコ)がドイツの神学校にいるときにこの絵を初めて見て心を打たれ、この絵はがきを作って母国アルゼンチンに戻ったとき、配り始めたそうです。

友人に描いてもらったこの絵をブエノスアイレスで働いていたチャペルに掲げると、より多くの人々の目に触れるようになり、この信心は広がっていきました。

この絵が描かれた由来は、さらに時代を遡り16世紀の結婚生活がもつれたある夫婦のお話になります。

ドイツの貴族ヴォルフガング・ランゲルマンデル(1568~1637)は妻が彼との離婚を望んでいたことに悩み英知と経験さで尊敬されていたイエズス会のレム神父のもとに相談に行きました。

当時のドイツでは、結婚式のときに生涯添い遂げることを象徴的に示すためウェディング・リボンで新郎・神父のそれぞれ片方の腕をひとつに結ぶ習慣がありました。

ヴォルフガングは今はからみあってしまっていた自分たちの結婚式のリボンをレム神父のところに持って行きレム新譜はその結び目をときながら聖母マリアに熱心に祈りました。

するとその願いは、聞き入れられてヴォルフガングは離婚を避けることができ生涯幸福な結婚生活を送ることができたのです。

1700年、新世紀を祝福されるためにヴォルフガングの孫のヒエロニムス・ランゲルマンテル神父は、画家のヨハン・シュミットに依頼して書かれた絵がこの、、、

「結び目を解くマリア」の絵です。

聖母マリアの右にいる天使が、たくさんの結び目があるリボンを聖母に差し出し聖母の手を通ると結び目が解かれていき、左にいる天使が、きれいになったリボンを受け取っているという絵です。

私たちの人生はもつれや複雑な問題が起こります。
特に家庭内の困難な時には、、
「結び目を解く聖母マリア」

に是非とも、お祈りください。

聖母マリア神の臨在に満ちた方
あなたはご生涯を通じて、まったく謙遜に御父のみ旨を受け入れ 悪魔さえもあなたを罠や誘惑に陥れることはできませんでした。
あなたはすでに息子イエスと結ばれ、私たちのすべてのもつれを 解いてくださり、単純かつ忍耐強く私たちの人生に絡み合った結 び目をどのように解くのかを身をもって示してくださいました。
あなたはいつも私たちの母として、主イエスと私たちを結ぶ絆を示してくださいます。

聖母マリア 神の母 私たちの母
私たちの人生のもつれ、結び目を母の心で解いてくださるあなた のみ手に委ねます。私たちを苦しみや不安から解放してください。
あなたの取り次ぎによって、あなたの模範に倣うことによって 私たちを悪から解き放ち、私たちと神との交わりを妨げる結び目 を解き、不安、過ち、誘惑、すべてのものから解放してください。
あらゆることのうちに主イエスと出会い、主に心をとめ、兄弟姉 妹のうちに、いつもイエスに仕えることができますように。

アーメン

マクドナル神父           

「ロザリオの信心」は聖ドミニコが聖母マリアの啓示を受け祈り始めたのが始まりと言われ、18世紀に、10月はロザリオの月として定められました。それ以後、多くの方々が聖母マリアの取り次ぎを願って祈っています。

 現教皇フランシスコは、若かりし司祭の頃、ドイツで「結び目を解く聖母マリア」の絵を見て、大変感銘を受け、以来、「結び目を解く聖母マリア」への信心がとても深いのです。