「敵を愛し、迫害するもののために祈れ。」

(マタイによる福音書5:44)

 「あなたの敵、あなたに対して嫌なことをする人、あなたを困らせる人、あなたをひどい目に合わせる人を愛しなさい。」と言われたらどうでしょうか?

その嫌な人、憎い人のことを思い出すだけで、、

「愛する」ことなどできないと思うでしょう。

無理だと思うはずです。

『敵を愛し、迫害するもののために祈れ。』

と言う言葉には、天の父なる神様は、嫌な人でも憎い人にも万物を与えています。

太陽の光、雨や風や水も与えています。

ですから、、、

あなたの敵に復讐したり、仕返しをしたりせずに  神様にすべてをお任せしなさい。と言うことです。

神様がすべて良きようにして下さいます。

あなたは、あなたの敵に親切にしてあげればいいのです。

ハートフル❤︎セッション(メール&スカイプ)

 

 

https://sun-deurmo-kumi.info/%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%95%e3%83%ab%e2%9d%a4%ef%b8%8e%e3%82%bb%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%ef%bc%88%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%82%b9%e3%82%ab/