『神の前に富む』

ルカ12:15~21

 

今朝、目にした言葉に

『お前が用意した物は、いったい誰のものになるのか』

この言葉の意味を知りたくなり検索すると

 

12:15

「どんな貪欲にも注意して、よく警戒しなさい。 なぜなら、いくら豊かな人でも、その人のいのちは財産にあるのではないからです。」

12:16

それから人々にたとえを話された。「ある金持ちの畑が豊作であった。

12:17

そこで彼は、心の中でこう言いながら考えた。 『どうしよう。作物をたくわえておく場所がない。』

12:18

そして言った。『こうしよう。あの倉を取りこわして、もっと大きいのを建て、穀物や財産はみなそこにしまっておこう。

12:19

そして、自分のたましいにこう言おう。「たましいよ。これから先何年分もいっぱい物がためられた。さあ、安心して、食べて、飲んで、楽しめ。」

12:20

しかし神は彼に言われた。

『愚か者。おまえのたましいは、今夜おまえから取り去られる。そうしたら、おまえが用意した物は、いったいだれのものになるのか。』

12:21

「自分のためにたくわえても、神の前に富まない者はこのとおりです。」

 

命は、富に支えられているのではなく、

命の造り主なる神の御手の中にあるのです。

豊作の背後には、神が太陽を昇らせ、雨を降らせ、神ご自身の恵みがありました。

しかし、彼は、神を全く見失っていました。

富や財産が悪いのでも、蓄えが悪いと述べているのでもありません。

神なしで歩み、富を神のごとくし、富をひたすら追い求める愚かさを伝えているのです。

「そうしたら、お前が用意した物は、いったいだれのものになるのか。」

それは、子どもがおれば、子どものものとなるでしょう。しかし、このたとえは、兄弟の遺産相続の問題からのものでした。労苦し蓄えた富が、最も愛する子どもたちの争いと憎しみの源となりました。

イエス様は、「自分のためにたくわえても、神の前に富まない者はこのとおりです。」

自分のために蓄える人生の愚かさと空しさが表れております。それだけではありません。神に背を向け、神なしに歩む者は、地上での生涯を終え、神の御前に立たされた時、罪と定められ、永遠の死に定められてしまうのです。

命とは儚いものです。

人は、明日も未来も命は限りなく続くと思いがちですが

必ず命は尽きます。

思いも予想もよらない出来事で

命を失う人もいます。

富や財がある人だけでなく

健康な時ほど物欲やお金に執着し先々のためにと大事にお金を貯めます。

よくある出来事は使わずして亡くなります。

正に

「自分のためにたくわえても、神の前に富まない者はこのとおりです。」