熱中症とパニック症と憑依体質


ここ数年で心療内科の受診する人が年々増加しています。
2012年に、このようなメッセージを受け取っていた事を思い出していました。
「これから先、異常気象やストレスなどから多くの人々が心身に支障を来たす者が増え鬱やパニック症も増えて行くでしょう。だからこそヒーラーの存在も必要不可欠となっていくのです。」
ヒーラーになる少し前に派遣先でパニック症の人が社会復帰後の仕事として来てました。また憑依体質で鬱になった男性が数人いました。直接ヒーリングは、行なってませんでしたが良くリーディングしたりメッセージを伝えてアドバイスをしていました。
私自身も2012年の5月位から目眩、頭がボーっとする、フラつき、手の痺れ、目の視点が合わない、火照り、汗、息苦しさ、胸の圧迫感といった症状になり当時も暑かった事により熱射病(今で言う熱中症)だろうと総合病院へ行くと血圧も心電図も肺のレントゲン、脳のCT、血液検査をするも異常がなく暑さやストレスからの疲労でしょう。と点滴をして帰りました。
それ以後も不調は、続き更年期検査や甲状腺の検査なども行うも特に異常はなく、、、
特に息苦しさや頭がボーっとなりフラつく事で怖くなり過呼吸が起きて更には、焦ってパニックになる事から心療内科を受診するように勧められた事もありました。
どうしても行きたくない!違う!と言う思いが強く脳神経外科に神経内科があったので軽い安定剤と筋肉や神経の緊張や強張りを解す薬を貰い7日間、服用してみました。
その間、薬をネットで検索して副作用について調べていたら飲んで大丈夫だろうかと不安になりました。
何故なら父が鬱となり薬を服用していたのですが言動がおかしい時があり父も何度も弱めの漢方薬を処方して貰うようにお願いしていたのもあり私が処方された薬が父のお薬手帳を見てみると成分が同じで飲む量が少ないだけだったからです。
その薬は、良く眠れますが頭がスッキリせずボーっとなった感覚があり身体が異様に怠くて気力が出ない感じがしていたので、、、
父の症状は、鬱で眠れない!悩み過ぎて思考がパニックになっている、酷い落ち込みもあり無口になるという感じです。
しかし薬を飲むと酔っ払っているかのようにお喋りが止まらない、ハイテンションになっていきます。
明らかに私が飲むべき薬ではないとストップして当時は、レイキヒーリングを毎日、行なっていきました。
その後、判ったのは、私の場合は、チャネリングする時にネガティブなエネルギーが入ってくるのに反応してそういう症状が出ていたりクンダリーニが上手く活性化されていなかった事や憑依体質な面があるという原因が分かる事で安心しました。

 
最近、弟(次男)が仕事で現場に向かう途中、車の中で急に頭がボーっとなり息苦しさと手が震え過呼吸になり落ち着くまで車を止めて休みながら家に帰り着いたようでした。それ以後、仕事を1週間休む事になりました。
症状を聞いて熱中症が一番の原因であると私は、思いました。もう一つは、弟も憑依体質なのでネガティブな存在が入り込んだのではないか?本人は、憑依体質とは認めていません(笑)
そこで総合病院へ行くのを勧めたのですが、随分前に弟(長男)が真夏の海で息苦しさで心臓が痛いと蒼白になり泡吹いて救急車で運ばれた事がありましたが特に異常はなく熱中症でした。そのトラウマがあり弟(次男)は時折、過呼吸や目眩に襲われてた事から頭や首筋や肩の凝りを解す薬を飲んでいたらしいのです。初耳でビックリ(笑)でした。
それを飲むと落ち着いてくるけれど今回は、どうもパニック症に似ているから心療内科に行ってくる!と聞かされました。
弟に「症状から熱中症だと思うし仕事現場の行った場所の地場のエネルギーを受けているか?あの散歩中から喉の違和感があったりしているから疲労やストレスと思うょ。心療内科ではないと思うけれど気になるなら行ってきたら」と伝えました。
どこの心療内科も予約で一杯でやっと予約が取れてパニック症の軽めの漢方薬などを処方されたようでした。
薬を飲んで1〜2日頭がボーっとするし虚脱感と異常なダルサがある。漢方薬でない薬を飲むと変なことを考えてしまう。。。
死のうかな。。。自殺したくなるような変な気持ちになったりする!と言ってました。
他にも今年、亡くなった伯母が出てくる(伯母の葬儀を友引に行なってしまったので一部の親族が怖がっていました。)と言うので、、、
「大丈夫ょ!伯母さんには息子も孫もいるのに甥っ子である◯◯を連れに来るはずがないから、私もパニック症かと思って処方された薬を飲んで同じような症状になったから薬をやめたょ。早目に病院に行って症状を伝えて薬を変えるかストップした方が良いね。」
弟は、その日から薬をストップし休んでる間も散歩したり瞑想したりしていました。
私は、しっかりお祈りを行なってました。
今では、スッキリ吹っ切れたようでパニックや過呼吸になっても死ぬ訳ないしね!(笑)と元気になってました。
私「多分、熱中症だったと思うょ。それと仕事でのストレスとメタボリックで高血圧150/90気味だからと食事制限や運動やアルコール、甘いものも急に止めたから体がオーバーヒート起こしたと思う。高血圧だから脳溢血や心筋梗塞の心配ばかりして余計に精神的なダメージを与える方が体には毒になるから、、、
必ずしも高血圧だから死んだ人は、稀だと思う。それにこんなに暑い毎日で高温なら血圧も上がるし塩分を控えると余計に体がついていけずに体も震えてくるのは、当たり前だと思うょ。」
確かにね!塩分の補給用のOS-1など会社が用意してくれて熱中症対策もしてくれたから大丈夫!
心配かけてごめんね。って、、、

もう一つ本人には、言わなかったけれど私と次男は、双子のように感覚や考え方も似ているので弟が不調だと同じように体感する時が良くあります。本人は、気づいていませんが憑依体質であるのは、間違いありません。
弟も神社仏閣が大好きでマントラや印の組み方なども良く知っていたりします。
また弟は、とても繊細な面もあり真面目な人で思いやりがあり過ぎて道端で倒れている人など良く声掛けたり心臓マッサージしたりする場面に出くわします。
今回は、ネガティブな存在が助けて貰いたくって近づいて来たのだと思いました。
それに私が気づくのでネガティブな存在が本来の場所である光へと上げて貰える事を知ってて近づいてきたのでしょう。

弟が不調になる前日の夕方、
散歩している弟と会った時に夜遅くなるとお盆前でもあるし川沿いを散歩するならプロテクトして歩かないと一昨年、自殺で死体が上がった場所だから気をつけてょ!と伝えたばかりでした。弟は、「大丈夫!そやん事を気にしょったらどこも歩けんょ!」と笑ってました。
私も一昨年にその川沿いを散歩中に突然の目眩や胸の圧迫感が起きて体中に蕁麻疹が出来て急ぎ家に帰って塩風呂やマントラ、祈り、ヒーリングを行って何とか症状は治りました。体調もバッチリではなかったのでネガティブな存在が一瞬にして入ったようでした。そういう時は、氷の水の中に入っているように酷い寒気と咳や頭痛も起きます。
弟には、プロテクトミストやクロスとアロマオイルの呼吸器やパニック症状を緩和するものをキーホルダーにして渡しました。

もし心療内科での薬を処方されても症状が変わらない時には、他の病気も疑ってみる必要があります。
現在では、男性でも女性でも更年期の症状でホルモンバランスの乱れや甲状腺機能、メニエルなどもあります。5月から秋に掛けては、暑さによる熱中症が一番疑われます。
目眩・頭がボーっとなる・フラつく・意識が薄れる・手足が痺れたり震えたり・息苦しさ・心臓の圧迫感は、熱中症と思われますが、ろれつが回らない場合は、脳梗塞もあります。
また心療内科での薬も飲んで気持ちが落ち着いてくるのか?益々、気落ちするのか?を確認して合わなければ早目にストップし変えて貰いましょう。
憑依体質?は、心を強化して行くしかありません。意識を高めて憑依されても居心地が悪くさせるとスーッと抜けていきますが長居する場合は、御寺で祓って貰うが良いでしょう。
神社は、狐や狸や犬や邪気を祓って頂けますが浮遊霊や生霊などは、御寺が良いといいます。1回で終わる人もいれば数回行く必要もあるようです。
あくまでも私の経験上ですが思い当たる節があったりされたら医師ともしっかりご相談されて下さい。

💌メール💜カウンセリング
皆さんの色んな悩みやご相談、問題をお聞きしお名前やお写真をリーディングしメッセージをメールにてお伝えしております。
誰にもご相談が出来ずに一人で悩み思い煩っていらっしゃる方は、是非ご相談下さいませ。
ご家族の代理でのご相談も受付ております。

メール❤︎カウンセリング