【日本は最終神理の発祥の地である】

シュヴァンツェルと申します。あなた方の国の名では、聖徳太子というふうに呼ばれているかもしれません。
しかし、今日はシュヴァンツェルとして、神の天上界における計画を、この日本の役割を果たすために、わたくしが長年果たして参りました使命について、皆さま方にご説明いたしたく、参上いたしました。

天之御中主之神と呼ばれている大神が先日お出になられ、この日本と、天上界の計画における日本という立場を、日本の使命というものを明かされておられたと思います。わたくしは、この計画が天上界によって計画されてより、この日本担当として、この地に降りた者であります。

かつて仏陀が、このジャブドーバーのケントマティーという、この日本の地に再生なされるということを予言なされ、再臨なされるという計画がそのまま滞りなく行われることをもって、我々はそのことを踏んで、この日本という地を神の国として、神の計画の最終的神理の発祥の地となさんがために、この大和の地というものを整え、神の磁場として努力してきた者なのです。

日本には当然、大和の地を預かるムー系の神々がおられ、そのローカルな意味での、この日本という、この大和の地に根づいた民族神と呼ばれている方がたがおられます。それが日本神道と呼ばれている神々であられます。

その方がたと手をつなぎながら、わたくしは今日までの計画を、全般の流れを、この日本の中において、どのようなプロセスにおいて、この日本という地が最終的に今回の使命を果たすために、使命を果たせる土地として準備ができるかということ、最終的に仏陀意識の本体が降りられる地として用意できるかというために、わたくしは用意してきたのです。

民族神の方がたは、日本神道の方がたは、その使命を十分に自覚なされ、日本神道の神々は日本神道の神々として準備をなさられて参りました。

しかし、わたくしは中央のほうからの、あなた方がおっしやる中央のほうからの計画を、やはり降ろすためのパイプ役として、日本神道との間に入り、この日本の地を見守ってきたのです。
この大和の地において、日本神道だけの流れではなく、わたくしのときにも仏教を伝来させることにより、仏教の思想もここに根づかせたのです。

聖徳太子/シュヴァンツェル
『ファティマの真実』 より

天野聖也 様facebookよりシェアさせて頂きました。