土用の日と迷信

土用と言えば丑の日をご存知ではないでしょう。

実は、この土用(どよう)の日には、注意すべき行いがあります。

土用とは、雑節のひとつで、

雑節(ざっせつ)とは、一年間を24等分にした二十四節気だけでは十分に季節の変化を読み取れないので、二十四節気を補助するために日本独自で考えられた暦のことです。

五行思想(ごぎょうしそう・万物は木、火、土、金、水の五種類の元素からなるという自然哲学の思想)では、

春=木、夏=火、秋=金、冬=水が割り当てられ、季節の変わり目に土が割り当てられていて、これを「土用」といいます。

土用の期間は、

立春(りっしゅん・2月4日ごろ)

立夏(りっか・5月6日ごろ)

立秋(りっしゅう・8月7日ごろ)

立冬(りっとう・11月7日ごろ)の直前、約18日間のことをいいます。

2020年は以下の通りです。
春の土用 4月16日(木)~5月4日(月)
夏の土用 7月19日(日)~8月6日(木)
秋の土用 10月20日(火)~11月6日(金)
冬の土用 1月18日(土)~2月3日(月)

この期間中に巡ってくる「丑の日」を

「土用の丑の日」といいます。

 

土用の期間は土公神(どくじん・土を司る神様)が支配する時期で土の気が盛んになると考えられており、

土を動かす作業や殺生を忌む(いむ・不吉なことを避ける)習慣がありました。

ただし、土用に入る前に着工して土用中も作業を続けることは問題ないとされ、土用の間日(まび・一般の仕事に支障が出るため設けられた日)には土公神が天上へ行き地上にいなくなるので土を動かしても良いそうです。

気をつけたいのが、この時期に木を伐採する植木を土に植える、引っ越しや移転、建築などです。

迷信では、事故や怪我や大病、死に繋がる場合もあるようなのでご注意下さい。

令和から財運アップデート!

3月・6月・9月の弥勒(ミロク)月に行います。

 

6月20日20時

一粒万倍日 天赦日

あなたの財運をアップデート
新たに書き換えていきましょう。
平成の時代は、バブルの崩壊やリーマンショック、大震災などもあり金融危機が起きました。
そして令和となりリーマンショックならぬ、コロナショックが起きている今、
人間の集合的無意識では、豊かさに対する恐怖や不安や懸念を感じています。
また、あなたのこれまでの信念体系に古い記憶がデーターとして残っている場合、
お金に対する不安感、心配、恐れなどから抜け出せずにいたり、お金を得る事も困難に感じたりしていませんか?
⭐️財運アップデートとは?
これまでの脳内に刻印された財運を新たに書き換えて行くワークを行い宇宙のソース(源)にある無限の豊かさのある領域へとお繋ぎします。
宇宙のソースに繋ぐとは?
電源プラグを差し込むようなものです。
一度繋がると永久的な人もいれば、いつのまにかコードが抜けていた!という場合もあります。
解りやすく説明するとグランディングコードも永久的ではなくコードが繋がっていなければ地に足が着いていない状態で不調が起きたりします。

 

※個人差もありますのでコードを繋ぐ必要を感じられた場合は、ご自身の判断で再度ご依頼が可能です。

ご依頼の皆様には、個人への簡単なワークをお伝え致します。

自身で財運ゲートワークを意識して行なって下さい。

💌財運アップデートワーク

料金20,000円を15,000円
前回リピーター様14,000円

お申込みは、お問合せフォームまで