コロナ対策に向けてオゾン脱臭機にスッカリはまって頻繁に使っています。
紫外線ランプを買おうかどうか⁉️と検討中のなか紫外線ナシのSADライトが気になります!
不眠や鬱に悩む現代人に、ライトセラピー(光療法)
古代ギリシャ、ヒポクラテスの時代から、日光は医療で利用されてきた。現代医学においても、19世紀後半から、日光を治療に利用する医療現場が増えている。第2次世界大戦前、病院には通常、サンルームが設けられ、患者が日光浴をしながら時を過ごしたといわれる。ライトセラピー(光療法)にはどのような効用があるのか最新情報を報告する。
高齢者の変性関節炎の痛みが軽減
1980年、A・J・Lewyら研究者グループが科学誌「Science」で日光の効用をテーマにした研究を発表したことから、ライトセラピーが広く知れ渡るようになった。
Lewyは、被験者に明るい人工灯(通常の室内灯ではなく)を浴びせると、メラトニンの分泌が抑えられることを確認した。後の研究で、サーカディアンリズム(生物時計の概日リズム)の影響から、夜間に脳の松果体からメラトニンが分泌され、入眠を知らせる作用があることが分かっている。
光線は目の網膜に作用すると、神経インパルスに変換される。神経インパルスは、網膜と脳の視床下部とつながりメラトニンの分泌に影響を与える。このことから、太陽光線が脳に作用を及ぼすことが明らかになった。
秋の終わりから冬場は日光の射す時間が短くなる。これにより生じるseasonal affective disorder(SAD)、「ウィンター ブルー」とも呼ばれる症状にライトセラピー(ブライトライト セラピー)が有効と考えられている。SAD治療の場合、ライトセラピーは通常の抗うつ剤よりメリットが多い。副作用が少なく、効果が早く現れるという。
薬剤は効果がみられるのに平均4~6週間かかるが、ライトセラピーでは、治療を開始してから大体、2~14日以内とされる。Hollins University研究者グループが行った研究では、女性のSAD患者140人を2グループに分け、片方のグループにはライトセラピー(UVライトを 30分/日照射)をほどこし、別のグループには空気清浄機を使用し比較した。結果、ライトセラピーグループは空気清浄機グループに比べ、長期に続いた症状が軽減された。
SADの他にも、不眠、うつ病、時差ボケ、痛みなどに対するライトセラピーの有効性が報告されている。1993年に南オーストラリアで行われた研究で は、不眠に悩む患者9人にブライトライト セラピーを行った。患者には、2,500ルクス ライトを午後10時から深夜まで照射した。結果、被験者は正常な時間に睡眠に入り、以前より平均1時間半長く眠れるようになったという。
また、American Geriatrics Society誌に掲載された研究では、高齢者の膝の変性関節炎患者で痛みに対する有効性を調べた。被験者を3グループに分け、1グループには赤色ライト を照射、別のグループには赤外線を、残りはライトセラピーを行わなかった。結果、赤色ライトと赤外線照射グループには痛みの軽減がみられ、その割合は 50%以上だった。機能の改善も両グループで報告されたが、対照グループ(治療を行わない)には変化がみられなかったという。
集中力や学習能力の向上が期待
産後のうつ病に対しても有効性が立証されている。University of British Columbia研究者グループが行った研究では、患者18人にライトセラピーを8週間行った。結果、うつ症状の査定を行うHamilton Depression Scaleで、症状が平均40%改善したという。
疾患治療以外の分野でも研究が行われている。学習に対する有効性を調べた研究がカナダで行われたが、生徒が太陽光に近いフルスペクトラム光の下で授業を受けた場合、通常の蛍光灯の下で勉強している生徒に比べ、無断欠席が減少し成績がアップしたという。また、夜間勤務の労働者を対象にした研究では、被験者にブライトライトを照射した後、勤務中の集中力や識別力が改善し、日中の睡眠時間も平均2時間長くなったことが分かったという。
一般の家庭や職場で使用される照明は500ルクスを超えることはめったにない。一方、太陽光の明るさは、晴れた日には100,000ルクスにもなるといわれ、曇っても10,000ルクスを下回ることはないという。ブライトライトセラピーで使用される照度は、およそ5,000ルクス。ちなみに、メラトニン分泌抑制に必要な照度は2,500ルクスという。ライトセラピーでは、ライトボックスといわれる機器を使い、その前に座り、症状によっては15分~2時間 照射を受ける。
セラピーには主に、次のようなタイプがある。
(1)フルスペクトラム/UVライトセラピー
SADや湿疹など皮膚疾患によく使用されるタイプ。
(2)コールド レーザー セラピー
ソフト、あるいはローレベル レーザー セラピーとも呼ばれる。低出力のレーザー光線を患部に照射する。この治療では、酵素反応および生体電気イベントを起こし、細胞レベルで自然な治癒プロセスを刺激する。鎮痛や抗炎症作用が期待される。
(3)カラード ライト セラピー
フィルターをかけた投光機あるいは微小ビームを利用して、多色(主に赤、白、青、バイオレットなど)を照射する。多色を照射することにより、脳内の神経化 学物質分泌に影響を与えると考えている。Headache誌に掲載された研究では、偏頭痛患者の両目に(片目は閉じる)赤色光を照射した時、偏頭痛の発作 頻度が減少したという。
(https://www.daiwa-pharm.com/info/world/2385/)
SADライト活用例