7月21日

マグダラマリア様お誕生日と

言われています。

 

「マグダラのマリア」の人気急上昇



マグダラマリア様のイメージを良く目にするのは、娼婦やイエスの花嫁と言われています。
ルカ8:2では、、、
「七つの悪霊が出て来たマグダレネと呼ばれるマリア」
七つの悪霊とは「悪質の病」「重い精神病 」のマリアにとって,どれほど辛かったことでしょう。
どれほど長く,その「病気」と闘ってきたのでしょうか。しかし,それをイエスは、いやしてくれました。マリアは,それが,とても嬉しくイエスの元で 「奉仕」への道を歩いたのです。病から解放された深い喜びと”感謝の心”そして,自分と同じように「悪質の病」「重い精神病」で苦しむ他の人たちも「自分と同様に,いやされた喜びを経験してほしい」との願いから「奉仕」へと加わったのでしょう。
のちに、イエスが十字架刑となるもこの時,イエス・キリストの他の弟子たちは皆,イエスを見捨てて逃げてしまっていた。マルコ14:50

マグダラマリアは、イエス・キリストが処刑された後も、イエスの「そば」にいてその場から離れないで 声をあげて泣いていた。
イエスが亡くなってから三日後のマリア・マグダレネは、イエスの埋葬後,安息日の後,週の最初の日の夜明けに香油を墓に携えて行ったと記されています。(マタイ28:1)イエスの遺体に香料を塗ることで遺体を「より長く保存する手段」としてであったようです。
マグダラマリアの真実の愛が伝わってきます。また、イエスの「伴侶」として「フィリポによる福音書」に記されています。
花嫁であったか、そうでなかったか⁉︎
どちらにしてもイエスの処刑後も悲しみ続けた弟子であり主を尊う女性でした。
それに答えるかのように、、、
イエスの復活を目にした最初の人がマグダラマリアですから、、、
「婦人よ,なぜ泣いているのですか」。
彼女は言った「人々がわたしの主を取り去ってしまい,どこに置いたのか分からないのです」。こう言ったあと彼女が振り返ると,イエスの立っておられるのが目にとまったが,彼女はそれがイエスであることを悟らなかった。」ヨハネ20:11-14
歴史上では、娼婦・悪女などとイメージされていますが、、
マグダラマリアの真実は、無償の愛の女性で強さ優しさと勇気がある女性で愛にひたむきで見返りを求めず、ただひたすらに愛する主を尊ぶ情熱の女性です。

特別企画

マグダラマリア・アクティベーション

💜女性性のブロックを開放します。

💜ハートを開花させます。ハートは常に開花しているとは限りません。

不安、悩み、恐れ、ショック、ストレスなどにより萎縮し閉じている人が多くみられます。

💜女性であることへの卑下を手放す。

💜情熱と性エネルギー活性化

💜真実の愛に目覚める

💜無償の愛へと導かれる

💜女性の強さ優しさ勇気を得る

💜愛することへの喜び

💜愛を育むことができる

※良くあるご質問で一度受けたのですが二度目も良いのでしょうか?

勿論、受けて頂けます。アクティベーションは、活性化エネルギーです。マグダラマリア様は、女性性ブロックや真実の愛に目覚めるメッセージをお持ちですので、もっと女性性を活性化したい!男女の愛だけでなく地球愛など含めた愛に目覚めたい方など繰り返し受けられますと無意識レベルの潜在意識にマグダラマリア様のエネルギーが浸透していきます。

☆7/21日より遠隔コールイン設定となります。

マグダラマリア✝️アクティベーション

7月末料金 7,000円

💗マグダラマリア・チャネリングメッセージをお届け致します。

マグダラマリアの真実の愛・無償の愛のエネルギー活性化で潜在意識に愛を呼び覚ましましょう。