今日は、パラレルワールドについて書きたいと思います。

✨パラレルワールドとは?
そもそもパラレルワールドってスターウォーズのような世界を連想させるような言葉ではありますが、、、
簡単に言えばドラえもんの何処でもドアやタイムトラベラー見たいな物です。
その使い方が意識してアクセスしていきます。
私達は、今もパラレルワールドとアクセスしているのです(笑)
えーっ?と思われてしまうかもしれませんが過去も現在も未来も人によっては一直線上にある平行現実だ!という人もいれば最近では、球体の中に過去も現在も未来もある。
一直線ではない!という説もありますが、どちらにしても過去も現在も未来にも意識を向けると瞬時にアクセスしているのです。
ただ今、見ている現実が望んでいる現実でなければチェンジするだけで良いと言う事です。が、、、それを上手く出来ないのです。
私もここ数年でパラレルビジョンにアクセスする手法を色々と実験してきました。
それで分かった事が潜在意識が重要である事、潜在意識とは無意識な状態でアバダンスプログラムの方にはワークシートにその事を表にした物をご覧になって下さい。
うたた寝している状態が潜在意識です。ここにある意識が目覚めていない人は、これは魂ともしっかり繋がっていない人もそうですが自分自身を人間的な肉体としか見ていません。
なので魂?目覚め?宗教的でありスピリチュアル的すぎて良く判らない!と思ってしまいます。
更に言えば生まれて来る時は、精子と卵子が受精して来るは理解が出来ても死ぬ時は単に肉体が無くなる。その後は?魂はあると耳にするけれど、、、と思う人が殆どです。
私も生死の境目を体験してよりパラレルワールドってある!を確信しました。
2年前の夏に御墓参り後にその日は、行きたくなかったのを母が今日❗️と言い張るこで仕方なく行ったのです。小雨も降っていて御墓参りを済ませて何故か何度も何度もお墓を見ながら「また来るね。さよなら」って名残り惜しそうにしていた私、
タクシーに乗って発進した瞬間にドーンと何かにぶつかり左側に倒れているのがスローモーションで気付いていて意識では、この下は、崖だから助かったとしても救急車で運ばれるだろうなぁ。母は背骨を骨折しているのに大丈夫かなぁ。
時間は本当にスローモーションで意識は、やたらに冷静でした。その瞬間に左り傾いているのが左右に揺れてバウンドしてドーンと止まったのです。崖には落ちてなくて2メートル位の高さだと思うのですが、そこに落ちていたのですが大怪我をすることもなくタクシーの運転手さんは、大丈夫ですか?
より車体の傷を心配していて会社に知られたら弁償しなければと言われるので怪我もないので良いですょ。と安心させました。その瞬間に高台にあるお墓から見下ろしていて慌てて助けに駆けつけてくれたのだろう。
時間がスローモーションになった話しを母にすると母もそう!一緒。時間がスローモーションだったのがわかった。このまま死ぬかもしれない!と思った。と、、、
今ならそれが時間軸がズレてパラレルワールドで無事な方を選んでいた。それも先祖や見えない力も助けてくれたからだと思います。そういう生死の境い目にもパラレルワールドという隙間に入って行きます。
命が助かる人は、そちらを選択しているようです。ただ死ね事も選択が可能ですし死の間際わであれば必然的にそちらへ行ってるでしょうが。
すべては、自分自身の選択に委ねられている!
目の前で起こっている事のすべては、起こるべくして起きている。そして、想像するものはすべて在るというのが パラレルワールド(平行現実)の考え方だとわかってきます。
時代は、今後益々この方向へと向かっていき、皆さんが心から望む現実は、
すでに「ある」ということを確実に知ることが大切です。
自分の人生の道は、決められたものではありません!個人的なカルマは勿論ありますが、自らが創造して起きている現実を生きている事は事実です。皆さんが経験している事や見方を変えると自由な道を歩いていけます。
皆さんが望むものは、どんな事でも欲しい物でも手に入れられると言う可能な現実がパラレルワールドです。その世界にアクセスするとそうなっているからです。