ガネーシャ神生誕祭

2021年9月10日は、

『ガネーシャ チャトゥルティ』

ガネーシャ神生誕祭だそです。

ガネーシャ神生誕祭は、インドの太陽暦バードラパダ月(8〜9月)の新月から4日目に祝われます。


今日からは、次の満月まで11日間毎日
ガネーシャへのお祈りをしながら、
「人生の中で本当に得るべきものは何なのかを見えなくさせている障害物を取り除けるようにすると良い」とされています。
ガネーシャ様とは?
ヒンドゥー教の「ガネーシャ」は、体が人間、頭が象という姿をしています。
商売繁盛などの富をもたらし障害や困難を取り除いてくれるほか、学問などのご利益がある
と信じられています。
ガネーシャ様マントラ

アウム・ガン・ガナパタイェー・ナマハ

*ガナパティ(大衆の指導者)に帰依いたします

ガネーシャ神に帰依を表すためのマントラで、いつでも、どこでも、唱えることができます。

新しいことを学び始める時、新しい仕事を始める時、新しい契約を結ぶ時、新しいビジネスを始める前など、

何か新しいことを始める時にこのマントラを唱えると、「その目的の前に横たわる障害が取り除かれ、努力が実り、成功する」という特別な効果があるとされています。