神々の光

戸隠神社 奥社

昨年の今日、戸隠神社への記事をシェアさせて頂きました。

また本日は、東日本大震災で命を亡くされました皆様方へは、心よりご冥福をお祈り致します。

早朝の戸隠山からの朝日朝からチラホラと雪が降っていました。

高野山、比叡山と並ぶ三大修験道の霊場。世界に光を取り戻した「天岩戸開き」の神々が祀られる日本最高峰の聖地の一つ

戸隠神社 奥社の赤い随神門をくぐると、、神々が棲まう聖域へと続きます。

天照大神様の光が、、、

雪が降るも暖かい陽射しがさす。ここからは、1キロの天然記念物の樹齢約400年を超える杉並木が続きます。精霊もいるよ、、

この光は、、、

天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)

神の知恵・学問の神。思考・知恵の神格化。天岩戸を開く方法を次々考え出した神
  

静かな雪山にソウルメイト三人の雪の上を歩く音と鳥の声が聞こえるだけ、、

雪がしとしと降るも太陽の光でスターダストのように粉雪が風に舞う、、、

地主神の九頭龍神様が鎮座されるだけに、龍神様がいらっしゃったようです。

道無き道の雪山 細いラインを歩き続けるも滑り坐骨神経痛の痛み旅にでる10日前から右膝と足首、踵が痛んでいて足が前に進めない。

このラインから少しでもフラつくと真っ逆さまに落ちてしまう危険と背中あわせ。

目の前にある鳥居まで足が滑り登れない!ソウルメイトが手を差し出す。もう少し頑張れ。

 

これが本来の戸隠神社 奥社で後方にそびえ立つ戸隠山

今回、道無き道の雪山の細いラインを歩きついた真っ白な雪でより神聖に見える戸隠山

ここで祓い清めの祝詞をソウルメイトが唱えてくれました。

シーンと静まり返っている中で響き渡ります。

3月11日のこの日、祝詞が東北にも届くように、、、

すると急に強風が吹いてきました。

地主神の龍神様や神々が、すべてを祓い清める風のようでした。

☆宿泊した旅館で1200年前の秘仏を

拝観することが出来ました。

そして、次の旅が始まる、、、

今年4月27日から世界遺産へ17日にブログアップ⤴️致します。

メルマガ読者様には、先行での聖地遠隔セッションのご案内をしております。

ご参加をお待ちしております。

※無料メルマガご登録は、クライアント様への配信となります。ご依頼と同時のご登録は、可能です。