4つの惑星の逆行

金星:大切なものとのつながりが強化される
(4月15日まで逆行)

愛や美、財産を司るとされる金星は今年3月4日から逆行を続けている。そのため、この時期に愛情や美的感覚やお金関係に何らかの影響を感じる人もいるはずだ。

愛情を与えたり受けとったり、好きなことでお金を稼ぐ力に何らかの支障を感じ、その解消に努めている人もいるだろう。

停滞していた人間関係が緊密になったり、力を入れてなかった仕事からついに外されてしまった人もいるかもしれない。

自分が心から好きな何かに進んでいったり、身近な協力関係から自分が欲するものを感じ取っている人もいそうだ。

いずれにしても、あなたは自分自身、または自分にとって本当に重要なものとのつながりを強めているのだ。
土星:挑戦や正しい行動を強いられる
(4月6日~8月25日まで逆行)

 

土星の逆行は1年に1回しか起きないが、タスク管理や責任感、忍耐などをつかさどる星、土星の逆行ほど厄介なものはない。

この期間、あなたは恐怖や責任、そして目標に正面から向き合うことになるだろう。昇進の道や行きたい方向に向かうのを考え直したりするかもしれない。不安を感じることがあってもそれを実行することになるだろう。

やる気がみなぎる期間に思えるかもしれないが、土星の逆行は楽しいことではなく、正しい行動を強いるために過去のことを振り返る動機づけを招いているだけだ。

そして、あなたは克服できないと思えるものに挑戦せざるえない事態に直面する。そして雨の多い4月に起こる土星の逆行中に、自分が登った丘からこれまでの道のりを振り返り、その長さを目の当たりにするのだ。
水星:最悪の大混乱、通信に支障をきたす
(4月10日~5月4日まで逆行)

 

水星の逆行はとんでもない混乱を招く。それは広く認められると同時に恐れられており、他の逆行と比べても、これほどひどいものはないようだ。

水星はコミュニケーションを司る惑星のため、逆行時には情報および通信の断絶、行き違いや技術的な問題、そして旅行の遅延などがあるとみなされており、現代人の日常にかなりの影響がもたらされることになるだろう。

とはいえこの時期にはプラス面もある。水星の逆行は昔の知り合いと連絡を取ったり、何かを編集したり、自分の考えを思い直して明確にしたり、家の修理をするチャンスをもたらしてくれるという。
冥王星:内なる悪魔に直面して清める
(4月20日~9月29日まで逆行)

 

冥王星の逆行は、あなたの世界から有毒なエネルギーを取り除く素晴らしい時間をもたらしてくれる。また、手放したかった古いものを捨てることや、あなたの生涯にかかわるネガティブな人々や、ためにならない習慣や信念を洗い清めるチャンスにもつながる。

冥王星は破壊や再生、生と死、変容などを司る準惑星だ。自分の生活に光を導くため、自身の闇に向き合わなくてはならないことを意味する。この時期はあなたが無意識に持っている手荷物を誰かに突き出す状況を認識し、自分に正直になることだ。

そして、その後5カ月間ほど続くの冥王星の逆行で、じわじわと湧き上がる怒りを感じることになりそうだ。その一方で自分の根底にある意欲を受け入れることになる可能性もある。

健康のために毎日運動したり、物事や自分自身を制御できるように励んだり、自尊心のため昇進に向かって働いたり、両親や権威がある人々に何かを証明しようと行動している人たちの自己や自我のコントロールが効かなくなる恐れも。

この時期の冥王星は私たち自身に自分を動かしているものを深く掘り下げさせ、発見させる。自分の悪魔に直面することで、私たちは生活を清らかにし、自分自身を浄化する機会を得ることができるのだ。

 

満月同様、狂気や怒り、内なる欲求への暴走を引き起こすなどマイナス面が強調される惑星の逆行。だが、見方を変えればそれぞれにプラスの面もあるようだ。4つの逆行が重なるこの4月、少なくとも後半はスイーツの制限とか無駄な抵抗は通常通り意味なしってことでOK?