アトランティス文明

 
今年のチャネリングレター では、
アトランティス文明の過去世の方がとても多かったです✨
それでfacebookで偶然に目にした記事をシェアさせて頂きました。
【現文明の真実】
1.アトランティス文明のあと
アトランティス大陸が沈んだあとの九次元霊界です。地球九次元霊十人が、次の文明について話し合っています。次の文明は、今までの文明とは異なっています。次の水瓶座の時代が迫っていて、この時期にシフトアップするという目標がはっきりしているからです。その目標地点から逆算して、計画を順番に地上に降ろしていかなければなりません。
地上の人間にはもちろん自由意志がありますから、すべてが天上界の思い通りに進むわけではありません。地上の状況に応じて、天上界が対応策を講じる必要があります。九次元霊全員の意見が一致しているのは、地上がどんな状況になろうと、次のチャンスで必ず地球をシフトアップさせたいということです。九次元霊たちは、その目標に向かって一致団結していました。
アトランティス文明があのような形で失敗に終わってしまったことは、九次元霊としては少なからず残念な結果でありました。しかし、その思いに沈む間もなく、次の文明を立ち上げなければなりません。実際、徹底的に反省し、十分に準備をして、次の文明を立ち上げる時間的余裕はありません。それでも、いくつかのことは、九次元霊全員で決めておく必要がありました。
九次元霊たちが話し合った結果、決定したことは以下の通りです。
・ この文明は、ブッダとアモールを責任者とする。
・ ほかに、エル・ランティ、セラビム、モーリャも担当グループとする。
・ 最後のシフトアップは、いちばん古くから地球にいるブッダが地上に降りて、直接指導しながら行う。
・ アトランティス文明の反省から、例外的な場合を除いて霊道は開かせない。
・ 文明の前半に、愛の教えを徹底的に説くことにする。
今回の九次元霊たちの気合の入り方が違います。太陽系の惑星の中で、今までシフトアップに成功した惑星はありません。さまざまな困難はありながら、なんとか地球をシフトアップさせたいのです。
今回担当のブッダをはじめ、アモール、セラビム、モーリャの4人が、いつでも地上に降りて、直接人びとを指導する覚悟はできています。担当九次元霊が、エル・ランティも入れて5人というのも、これまでの文明より多い数です。もちろん残りの5人も無関係ではなく、万が一のことがあればバックアップする体制はできています。
ただ、それまでの文明を見ていて九次元霊全員が感じていることですが、地上に降りると、どうしてもそれぞれの個性を出しながら指導することになり、結果的に宗教対立の原因となってしまうこともしばしばありました。人びとの認識力の限界、九次元霊たちの指導力の限界を示しているともいえます。
次の文明では、それぞれの九次元霊が地上で説いた教えがどのような形で伝わるかということまで考慮し、順番に地上に教えを降ろす必要があるということでも、九次元霊たちの意見は一致していました。
「地球シフトアップ計画 ガイアその愛その光」より

アトランティス文明

Angel紅美 ・愛と祈りさんの投稿 2018年1月8日(月)

エドガー・ケイシーのアトランティス
http://twinkle-star999.blog.so-net.ne.jp/2013-12-30-1
アトランティス大陸 アモンの物語
http://www.spacebrothers.jp/2013/01/blog-post_12.html

 
👼幸せハッピーシェア大歓迎です。
口コミやご紹介だけで行なっております。幸せの輪を広げていきたいと思っております。
ご紹介を頂きました方には、プレゼントをお贈り致します。
ご協力をどうぞよろしくお願い致します。
🌹無料メルマガ配信中
ご依頼を頂きましたクライアント様への配信で女性専用です😊女性限定です!
ご依頼と同時でのご登録は、受付ております。
→無料メルマガ登録は、、
 
http://smart.reservestock.jp/subscribe_form/index/22369
先行特別料金のご案内やメルマガ限定記事の配信です。
ご登録の際は、Gメール、パソコンアドレスのみ配信されます。
 
ANGEL紅美Facebookページ
ANGEL紅美・愛と祈り